「腰痛体質改善プログラム」「腰痛の真の原因は? 手術も薬もシップも機械も使わず、お金もかけない方法です。

2013年05月05日

腰痛 ストレッチ

日常生活のでは、気づかずに腰を頻繁に使います。

もし腰が痛い状態が続くなら症状が悪化し、
通院治療や手術をしなければならなくなることも少なくありません。

腰痛を抱えていてもストレッチで改善する方もいます。
ストレッチが腰痛に効果的なのはなぜなのでしょうか?


■腰まわりの血行を良くする

腰が痛いという方は筋肉疲労やストレスの影響で、
腰まわりが強ばっているときがあります。
血の流れが良くないことで筋肉が硬くなり、
柔らかい動きが難しくなってしまいます。

硬いままで無理やり腰をひねることや力むと、
かえって腰痛を促進していしまうのです。

血行を良くすることで筋肉がほぐれ、
柔軟性のある動きが可能になり、
腰を痛めてしまうのを防いでくれます。

ですから腰湯や腰部分を5分程度シャワーで温めるのも、
血行をよくしてくれるので効果的です。


■腰への負担を和らげる

腰痛で悩む方には姿勢の悪いことが、
原因となっていることがよくあります。

ストレッチを習慣的にすれば悪い姿勢を正し、
バランスの良い姿勢で活動できるようになります。

腰、腹筋、背筋の筋肉の強化に繋がるので、
痛みを和らげてくれるだけでなく、
痛めにくい体をつくるのに適しています。


taiso (2).jpgゆっくり徐々に強度を増していくのが効果的です


■効果的なストレッチ

いきなり腰を動かし始めたり、
急激に体に負担をかけてはいけません。


下部から上部へ、心臓から遠いほうから、
ゆっくりとストレッチして腰を和らげるようにします。

伸ばすとき、縮めるときに、体の反動を利用せず、
時間をかけながら伸縮するように意識しましょう。

ストレッチで腰痛を改善したいと思っている方は、
正しいやり方でゆっくりと伸ばすことを意識してみましょう。

腰痛 ストレッチの方法はこちら
↓  ↓  ↓
生活NHKきょうの健康 腰痛スッキリ!「腰みがき」
タグ:腰痛
posted by 腰痛papa at 10:09| 腰痛 ストレッチ

2013年05月03日

腰痛 原因

どの世代でも腰痛に悩む方は多くいます。

小学生、中学生でも腰痛を抱えることがあり、
整体やカイロプラクティック、整骨などに行く人も増えています。

腰痛の原因が分かれば治療法も明瞭になりますので、
どのような原因が挙げられるか考えてみましょう。


■筋肉の酷使、筋肉量の低下

腰の筋肉を使いすぎることはスポーツだでなく、
仕事での無理な動き、長時間の同じ姿勢が原因となる場合があります。

学生で腰を痛めるのはスポーツ系部活動での練習などが多く見られ、
他の世代では仕事などで腰を痛めてしまうのです。

年を重ねると筋肉を使う機会が少なくなり、筋肉が弱くなるので、
毎日のストレッチや軽度のトレーニングで、
筋肉のバランスを保つことが必要となります。


ILM16_AC02004.jpg
適度の運動は腰痛を緩和します


■骨格の歪み、ヘルニア

骨格は身体を支える上で重要ですが、
その骨格が正しい位置にないなら体への負担が増します。

日常で姿勢が悪いことも腰痛の原因になり、
猫背や悪い姿勢で座り続けることも歪みを大きくしてしまいます。
姿勢を良くすることなしに腰の痛みを和らげることはできません。

筋肉を使いすぎるのもよくありませんし、
逆に使わないことも痛みを生じさせかねません。

筋肉や骨格のバランスが悪いなら、
腰だけでなく他の部位も痛めることに繋がります。

私自身、整体に通い軽い運動をして全治しましたが、
椎間板ヘルニアを発症しているケースもあります。 


生活の中で、どの動きが痛みを促進させているか考え、
腰痛の原因を知り、正しいストレッチ、姿勢の改善を心がけましょう。
タグ:原因
posted by 腰痛papa at 09:12| 腰痛 原因

「腰痛体質改善プログラム」「腰痛の真の原因は? 手術も薬もシップも機械も使わず、お金もかけない方法です。

腰痛110番」の先頭へ[PR]